今週のおすすめ商品

新しいスイーツのレシピは…

❤こんにゃく in ヨーグルト❤

市販のお好みのヨーグルトの中に、0.5~1.0角にカットした 夷・波板こんにゃく(白)を

入れて混ぜるだけ。あっという間にヘルシーなスイーツの出来上がり!!

朝食のお供や、昼下がりの小腹の空いた時間での間食に便利です。

ヨーグルトとこんにゃく。原料にこだわり水にこだわった夷だからこそ出来るスィーツとのコンビ。袋から開けて水で軽く洗ったらすぐにカットしてヨーグルトにin♫

今までにない食感は、きっと癖になりそう・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

健康志向のあの方へ・・・ 夷のギフト

夷ギフト 縁 A
夷ギフト 縁 A

寒い冬がやってきますね。北風が頬をなでると冬の足音が聞こえます。木々の葉も茶色や赤、濃い黄色に変わりなんとも言われぬ色彩の素晴らしい季節。自然の色は美しいです。

目で見るものも舌で味わうものも、自然のものが一番。夷のこんにゃくは昔からの変わらぬ製法と厳選された食材で安心・健康をお届けいたします。この、夷伝承・丸芋は創業者である上夷休一が皆様に喜ばれるこんにゃくをと丹精込めて作り上げた伝統あるこんにゃくです。生でお刺身として。好みにカットして煮ものにも。味染みがよく生芋独特の歯ごたえを味わっていただけます。しゃぶしゃぶのお肉やお野菜とともに、薄く切って食べていただくのも良いでしょう。家族・大切な方の健康管理にも是非日本の伝統食、こんにゃくをいかがでしょうか?

薩摩・糸にぎりこんにゃく

歯ごたえのあるキシキシとした糸こんにゃく。煮物にも最適ですが、お好みの長さにカットして三杯酢とゴマで混ぜて和え物としても最適です。最近のしらたきブームでヌードル(麺)代わりにしてパスタと混ぜて食されても良し、ラーメンの麺に混ぜて食されるも良し。細かくカットされ、お米と一緒に炊かれるのもヘルシーですね。“たかが”が“されど”に変わる一品です。是非一度ご賞味くださいませ。 要冷蔵。お召し上がりは早いほど良いとされますが生で食べる際は約1週間。調理して食される場合は約1か月の賞味期間です。

薩摩・糸にぎり

古くから伝えられた約70センチの長ぁ~い糸こんにゃく。しっかりとした蒟蒻の旨味と歯ごたえがあります。酢の物などにも良いですが、最近は国内外で糸こんパスタとして健康食材としての役割を担っているカロリー過多の方々への救世主!! 食の豊かさを見直したくなる一品です。

 

中華風糸こんサラダ

中華風糸こんサラダ
中華風糸こんサラダ

中華風糸こんサラダ

材料(1人分)

夷 糸こんにゃく180ḡ   薩摩糸握り 特大500g 

           又は大250ḡ  糸ばら 180ḡ  

             ~いづれかを使用~ 

 

錦糸卵     お好み 

きゅうり    1/2本

ささみ     お好み 

 

ドレッシング

砂糖           大1

薄口醤油  または白だし   大2

すし酢          大3

ごま油          小1

白ゴマ          お好み

❁これらを混ぜあわせる。   

  

①袋から出したこんにゃくを軽く水洗いし、よく水気をとっておく。

②下ごしらえできゅうりを好みの細さの短冊に。ささみは茹でて手で食べやすい大きさ   に裂いておく。

③ドレッシングを作る

④先程水気をとっておいたこんにゃくを食べやすい長さにカットして具材とドレッシングを混ぜ合わせる。

⑤器にもる。季節のグリーンをのせて出来上がり★

韓国風 糸こんパスタ

黒ゴマ風味糸こんパスタ

韓国風”糸こんパスタ

       (1人分) 材料

    “糸にぎり”こんにゃく200g

    合挽肉 100g

    キムチの素 お好み   

             胡麻油 大4    

             季節の野菜  少々

 

作り方  ① “糸にぎり”こんにゃくをパックから出して水気を取っておく。

          熱したフライパンに胡麻油を入れ、水気を取った糸こんにゃくを投入。

             ③ よく炒め水気がなくなり、油と絡まってきたら黒すりごまを投入。

               糸こんにゃくと胡麻をよく絡めて、皿に置いておく。

             ④ 同じフライパンにもう一度 胡麻油を入れ、今度は合挽肉を投入。

               色が変わってきたら市販のキムチの素・キムチ・豆板醤等をお好みで

               入れて、混ぜ合わせる。  

             ⑤ ③で、皿に置いた糸こんにゃくの上に、お好みの量で合挽肉をかけ、

               季節のお野菜をトッピング!        

伝承・丸芋

まさに三愛商事の伝承、長きにわたり受け継がれ、現代に生き抜く我が社代表の蒟蒻です。こんにゃく芋をすり潰し、皮のままを蒟蒻にした食感のある蒟蒻です。煮物や炒め物にも。

酢味噌やお醤油など、お好みの味で刺身蒟蒻としても食べて頂けます。要冷蔵。保存は生で約2週間。そのほかの調理でならば約1か月の賞味期間です。

波板・田舎こんにゃく

波板・黒
波板・黒

この何の変哲もない板こんにゃく、侮ることなかれ!! すごいんですよ この万能選手。通常皆さんがご存知の煮炊きやおでんの具では終わらないのがこの波板・田舎こんにゃく。ネーミング波板です。

蒟蒻の粉末と貝殻焼成カルシウムで作られるこのこんにゃく。もちろんイオンをチャージして何もかもにこだわって作られておりますが。なんと言いましても食感、味、匂い、共に申し分ない今までの板こんにゃくを大きく上回る美味しさです。臭みのない”夷”こんにゃく。それ故に、スイーツの食材としても使用して頂けるわけです。このページではカルパチョを掲載しておりますが、ほかのページにてスイーツとしての蒟蒻の存在を十分に発揮してくれております。賢いこんにゃくです(^^)/しかも、一枚なんと¥120!! びっくり!!

白のカルパチョ

波板 白のカルパチョ
波板 白のカルパチョ

“夷” 波板こんにゃくで 作るレシピはたくさんございますが、今日は夏に向けてのこの品。カルパチョでございます。お皿の上の食材がみんな引き立て役になっているかのよう。今日の食材は波板とヒラメを使用してみました。ヒラメは白身魚、新鮮なお魚がいつもいっぱいそろっているご近所“照島・海の駅”さんから調達してまいりました。蒟蒻とヒラメの割合2:1で、ヒラメの倍、蒟蒻を使用しております。蒟蒻とヒラメ、それぞれの歯ごたえを十分に引き立たせてくれるのはバルサミコ酢とお醤油などで和風テイストに仕上げましたソース。その上には歯ごたえを楽しませてくれるクランチアーモンド!!(^^)/ 涼しげでちょっとおしゃれなアンティパストの完成です。しかもヘルシー☆☆☆ 穀物などを摂取する前に、サラダ等を身体の中に入れてから食事を始めると糖の吸収を抑えてくれるんだそうですよ。目でも楽しめる食事の時間を作ってみましょう。